1日の流れ

ヒミツキチ森学園の「1日の流れ」についてご紹介します。時間割を中心に「どんな学びが展開されているのか」をご説明します。

自分のどまんなかで生きるための特別な時間割

基本的な時間割を見ると、聴き慣れない言葉もあるかと思います。
学びの中心は「プロジェクト」です。探究の中心となる「ラーニングプロジェクト」や、行事をつくる「イベントプロジェクト」、学園をつくる「クラスプロジェクト」は、ヒミツキチの学びにとって重要な意味を持ちます。プロジェクトの学びとつながりながら、他教科の学びが展開されています。
「何を学ぶか(学習内容)」ではなく、「どうやって学ぶか(学習方法)」で教科がわかれていることが特徴で、そのおかげで教科同士がつながり、学びの相乗効果を生んでいます。

ヒミツキチ森学園の1日の流れ

ヒミツキチ森学園の1日の流れは、登校後の掃除から始まります。古民家の一軒家をみんなで磨くことからスタートです。
続いてサークルタイムがあります。朝はチェックインの時間。十分に時間をとって、朝の状態を確認し、対話で1日が始まります。その後授業に入りますが、ブロックアワー①と②という1時間の授業が午前に2回あります。さらには30分のヒュッゲの時間では、休憩ではなく右脳を使って思いっきり遊びます。たっぷり遊んだ子はたっぷり学ぶことができる。ごくごく当たり前のことを大事にしています。
午後は、「プロジェクトアワー」。校舎を飛び出して、葉山の自然や文化施設に触れて、「街で学ぶこと」もヒミツキチの大きな魅力の1つです。

自分のどまんなかで生きるための時間割

ヒミツキチ森学園では、オランダのイエナプランやデンマークの教育を参考に、10の時間を設定しています。日本の学習指導要領の良さと併せながら考え抜かれた「魅力ある科目」です。

【対話とリフレクション】
毎週、自分が取り組む学習について計画し、リフレクションをします。学びのオーナーシップは子どもたちにあります。
サークルではお互いの言葉に耳を傾けながら、仲間と対話する時間です。お互いの心に気持ちを向けて、自分自身との対話も起こっています。

【ブロックアワー】
基礎学習する時間。自分のペースに合わせた個別進度学習をタブレット等を用いて展開しています。また、「ほんと作家の時間」では、書くことと読むことをワークショップの授業で学んでいきます。

【プロジェクトアワー】
自分たちの知らない世界を探究する「ラーニングプロジェクト」、ヒミツキチのイベントを自分たちでつくる「イベントプロジェクト」、学園に貢献する「クラスプロジェクト」、3つのプロジェクトの時間こそ、ヒミツキチ森学園の学びの根幹です。

【ランチシエスタ・ヒュッゲ】
休憩はボッーとする時間だけではなく、好きなことをする時間。たっぷりと遊ぶ時間が小学生にも必要です。遊ぶ時間があるから、学ぶ時間がクリエイティブになります。学校生活は耐え忍ぶ場ではありません。自分自身を解放して遊ぶ時間を1日の中にしっかりと置きます。