BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフ日記
  4. 探究のサイクルを回しながら

探究のサイクルを回しながら

おはようございます。

グループリーダー(先生)のあおです。

今週は初めて1週間、校舎での授業を通して行うことができました。風通しが良い古民家では、報道されるような暑さは感じられず、快適に過ごすことができています。

さて、今日はワールドオリエンテーションの話です。

イエナプランのハートと呼ばれるワールドオリエンテーション、「世界を案内する」この学びは、子育てにおける親の役割と近いんじゃないかなぁなんて、NOTEに書いたりもしました。

https://note.com/aosen/n/n50e8782766d8

ヒミツキチ森学園では、理科や社会は教科にせず、このワールドオリエンテーションの中で扱っていきます。

ヤンセンの自転車モデル

一般的に、ワールドオリエンテーションでは、「ヤンセンの自転車モデル」と呼ばれる7つのステップを使って学習を進めていきます。

  1.  刺激する
  2.  問いを集める
  3.  計画する
  4.  探究する
  5.  発表する
  6.  記録し保管する
  7.  学習目標と照らす

7が最初に来ていないところが肝だなぁと思っていて、評価と指導の一体化じゃないんですよ。評価は後付けなんです。この辺りはまた別の機会に。

ヒミツキチ森学園でもこのモデルに倣って、5月から「新型コロナウィルス」でワールドオリエンテーションをスタートしました。

刺激するが一番大事だと思っていて、その刺激が普段の生活から十分にされているので、「新型コロナウィルス」をテーマにしました。

問いを集めるは、低学年が多いヒミツキチ森学園では、

コロナウィルス さんに質問しよう!

でたくさんの問いを集めました。

刺激が十分だからこそ、溢れてくる問いの量だと思います。

探究のサイクル

この問いに対して、今週は、自分が調べたいものから調べている段階です。

自分たちでipadで調べ(音声入力が大活躍)

作家のノートに考えながらまとめて

みんなにわかったことを発表しました。

この、

  1.  調べる
  2.  考える
  3.  伝える
  4.  問いを持つ

というサイクルを、ぐるぐる回しながら探究を進めていきます。

※この辺りについては、まだ学んでいく余地があると思っていて、誰か詳しい方がいたら教えてください。学び続けます。

途中で、中テーマとして扱うものがあったら扱いたいとも考えていて、医療従事者の肩のお話が聞けたら、学びになるなぁと。(大変忙しいので、ここどうしよう。)

やってみることで学んでいく

大事なのは、やってみるということ。

やる前から計画することはできないし、子どもたちもやりながら学んでいくのだと思います。自分にとって興味がある「星」がこの学びの中で見つかるといいですし、その手助けをしていきたいと思います。

先生であるボクらも同じように調べ探究するとともに、この学びを充実させるために学んでいかなくてはいけません。

やり続けます。

気持ちのいい校舎からは以上でーす!

 

最後にお知らせ!

おうちdeまなび舎とのコラボイベント、『ディズニーで学ぶ お金の話』、残席9名です!詳細はこちらから

 

入学ご希望の方へ

いよいよ、校舎での授業見学、授業体験の募集を開始します詳細はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事