BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフ日記
  4. 自分の心の声を自覚する

自分の心の声を自覚する

おはようございます。ヒミツキチ森学園のあおです。

早速本題に入りますが、11月に入って、心を扱う授業が増えています。

ボクがお世話になっている方々をお呼びしての、子ども向け「システム思考」の授業。昨日スタートしてみたマインドマップの授業。

福ちゃんとさきちゃん(今度ブログを書きますね!)が行ってくれたシステム思考の授業の1回目では、「心のなかの幸せのバケツ」の読み聞かせから、システムについて考えました。

それから、学園の中で「心のバケツ」が共通言語となっています。

「今のバケツの水、汲み出されたな。」

「あぁ、バケツの水もたまったよ!」

ボクらも自然とそういう言葉を使って、みんなが気づくように促しています。

この本の概要を話すと、

  • 誰もが心の中にバケツを持っていて、溢れている時がいい気分、空っぽになった時が落ち込んだ気分。
  • ボクらは、言葉や行動で人のバケツに水を入れたり、水を汲み出したりする。
  • 誰かのバケツに水を入れると、自分のバケツの水もたまる。水を汲み出すと、自分のバケツの水も減る。

誰かのやりとりの間で、バケツの水は増えたり減ったりします。でも他者とのやりとりの他にも自分のバケツを満タンにしたり、汲み出したりする存在が…

それが自分自身です。

何も話していなくても、自分の心では、声を発している時があるんですね。

そんな話を子どもたちにもしました。

「どうせできないよ。」

「これは嫌いだな。」

ネガティブな声を自分にかけている場合もあります。

「わぁ、できた!嬉しい!」

「挑戦してみたからOKだ!」

ポジティブな声も同様に心の中で唱えていたりします。

まずは

「自分の心の声」に気づくということ。

それが何よりも大事であって、ネガティブな声に満たされると、人は動けなくなります。強く落ち込んでしまい、行動できなくなることも。。。

自分の声こそ大事にしたいですよね。

ヒミツキチ森学園が大切にしたい3つのこと。

それは心の声にも影響しています。

リフレクションは、出来事を振り返るだけではなく、感情のチューニングも行います。自分の心の声はどう言っているか、何を大事にしているか。

「今日できたことは?」

「この1週間で嬉しかったことは?」

これらの問いは心の声をチューニングして、ポジティブに向きやすくしてくれます。

対話は、他の人の心の中を聞く機会。自分とは違う人だからこそ、相手から学ぶことができるんです。

自分の世界の見方がちょっと変わるって、こんな何気ない人との対話から。

共創は、同じものごとに向かいながら、自分とは違う人を知る大切な時間。目的が一緒の中で、お互いに足りないところを補いながら進めることで、自分にOKを出しやすくなります。

今週、見学に来てくれたボクの元同僚が、

子どもたちの表情の生き生きとした感じが、すごく印象的だった!

と話してくれました。

心の声がポジティブになる…

そんな仕掛けが、うちの学園にはあるかもしれません。

ポジティブシンキングは、ポジティブだから幸せになるんじゃなくて、

1ポジティブ

2自分への心の声が明るい

3行動力が上がる

4いい出来事に遭遇する可能性が上がる

だから幸せになるんだと思います。

自分の心の声を大切にしていきましょう。

現場から以上です!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事