BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフ日記
  4. 校舎に子どもたちの声が響く!

校舎に子どもたちの声が響く!

 

おはようございます。

グループリーダーのあおです。

 

6月4日(木)

ヒミツキチ森学園、最初の登校日です。

2ヶ月前に、オンラインで開校してから、オンライン授業を重ねてきました。ずっと画面の向こうにいた子どもたち、あたたかい親チームの面々と出会える日です。

この日は午後からの登校となりました。

1日〜3日までは、校舎でこの日のため、これからの授業のための準備に入っていました。4日の午前中も最後の準備があり、集合してからもみんなで細かなところを確認しながらの準備をしました。

メンバーの心はソワソワ。

だって、ずっと会いたかった大好きな人たちに会えるんですもの。

準備しながらあれこれ考えてしまうのもしょうがないですよね。

特に、想像や妄想がすごい校長のちほやんは、人一倍ソワソワしていましたよ。

さて、子どもたちがついに学園にやってくる時間。

遠くから校舎を見つけて、嬉しそうな顔をしてやってくる子どもたち。

それだけで涙ものでした。

もちろん手のアルコール消毒は忘れずに‥ソーシャルディスタンスを保ってのスタートとなりましたが、ついに学園の開校です。

ランチの後はのんびり過ごして、みんなで掃除をしました。

古民家である校舎は、そのたたずまいもステキですが、中も非常にステキなんですよ。教室の床は無垢材なんですが、「濡らすと香りが出る!」と昨日も盛り上がっていました。

その後、校舎にはじめに来たワクワクを残しておこうと、みんなで作戦会議をしました!

バーっと溢れ出す思考。

やっぱりホンモノが大事。
この場所に来たからこそ、子どもの思考はたくさん溢れてくるんだなぁと思いました。画面上や想像では足りないこと、ホンモノに触れることこそ大事ですね。

イエナプランのワールドオリエンテーションでも大切にしたいのは「ホンモノ性」と言われています。デバイスや紙の上での学びじゃなくて、ホンモノに触れること、ヒミツキチ森学園もそれを大事にしていきたいです。

実はこの日、ボクのクラファン達成を祝って、親チームがサプライズをしてくれたんですね!

子どもたちだけじゃなくて、親チームも「共創」をする、本当にステキなメンバーです!

ボクはサプライズに慣れてなくて頭が真っ白に。。。それぐらいうれしかったです! ※詳しくは、また別の機会に書きますね

2日目には、

「ずっとここにいたい!」

と寝そべる男の子も。

ボクらも、この瞬間をずっと待っていたんですよ。

これから、たくさんの日々をここで過ごそうね。

言葉にならないくらいの感動をいただいた、登校初日。

多くの方に支えられて、この日を迎えることができました。

やっと見つけた最高の校舎は、やはり子どもたちがいる姿が一番しっくりきていました。

これからの校舎での学びにワクワクします!!

学園からは以上でーす!

 

ヒミツキチ森学園の見学、体験の詳細はこちらから!↓

 

おうちdeまなび舎とのコラボイベント『ディズニーで学ぶ お金の話』は、こちらから。残席10名です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事